雲海 酒造株式会社 Welcome to UNKAI SHUZO website.
スペシャルコンテンツお問合せ
蕎麦一口メモ「蔵便り」本格焼酎 新・飲み方いろいろ壁紙ダウンロード焼酎リンクスペシャルコンテンツトップへトップへ
新飲み方いろいろ
 
本格焼酎は、大勢で楽しく飲む、あるいは一人でじっくりと味わう・・・と、その場・その時の気分で様々な飲み方で楽しめるのも大きな魅力です。
お湯割りで原料の風味を味わう
イラスト本格焼酎の個性を味わいやすい飲み方としてお湯割りがあります。伝統的な手法で造られたそばや麦、芋、米等の穀類を原料とした本格焼酎は、温めることによって原料の香りと風味が調和し、旨味が増します。先にお湯を入れて、それから本格焼酎をそそぐと、香りや風味がひきたちます。体も温まるので、寒い季節には格別です。お湯割りには陶器製の酒器がお奨めです。
 
濃厚なコクと香りを爽やかに味わうロック
イラストグラスに氷を入れて本格焼酎を注ぎます。冷やされることにより一段と爽やかさを増し、美味しくなります。加えてヒンヤリしたノドごしが人気です。甕や樽で長期貯蔵された本格焼酎には原料の風味や香りがそのまま味わえるこの飲み方がお奨めです。
 
水割りでマイルドな味と香りを楽しむ
水割りは香りと風味を残しながら、本格焼酎をよりマイルドに楽しめる飲み方です。水で割る事で口当たりがより柔らかになります。また、軟水系の自然水で割る事でさらに美味しく楽しめます。清涼感があるので暑い季節にお奨めです。
 
こだわりの飲み方前割りでまろやかな味わいを楽しむ
こだわりの飲み方として前割りがあります。軟水系の自然水でお好みの割合に割り、一晩寝かせて本格焼酎と水を良くなじませます。よりまろやかな味わいが楽しめる飲み方です。
 
本格そば焼酎ならではの味わいそば湯割り
そば湯で割るとそば湯の旨味と焼酎が一体となり、よりまろやかな味わいが楽しめます。 お蕎麦屋さんで楽しめる、本格そば焼酎ならではの美味しさです。
 
通の飲み方燗つけ
南九州では、本格焼酎を黒千代香に入れ直火で燗つけし、そのまま飲む伝統的な飲み方があります。人肌くらいの熱さで、ゆっくりとお楽しみ下さい。
 
熟成させた長期貯蔵酒は、まずストレートで
熟成させた長期貯蔵酒は、その芳醇な香りとまろやかでコクのある味わいを楽しむ為、まずはストレートでお試し下さい。口に軽く含み、香りを楽しみながらゆっくりと飲みます。ノドごしが柔らかく濃厚な味が広がります。アルコール度数が高いので、水と交互にチビリチビリ、脂っこい肴との相性も良いと言われています。
 

お酒は20才になってから。お酒は楽しく適量に。飲酒運転は絶対にやめましょう。
(c) 2000-2017 UNKAI SHUZO CO.,LTD. All Rights Reserved.

サイトポリシーページトップへ